クオリティの高い東京の豊胸手術

手術からダウンタイムまで1ヶ月

豊胸手術|東京クリニック 東京・豊胸

私が受診した場所は美容外科クリニックでしたが、一度失敗を体験しているので事前シミュレーションをしてもらえる場所を選択しました。
中でも今回受診した東京のクリニックは、コンピューターグラフィックで本物に近いレベルの施術結果を事前に閲覧させてもらった上で受診しています。
その上コンピューターグラフィックスで閲覧する前に、私の手書きのイメージ画像を見てもらったので、今回はそれを元に具体的な施術内容を決定しました。
さらに私の体のどこに良質な脂肪があるかを分析した上で、豊胸手術に使用する脂肪を決定した事も施術結果に大きく貢献した要素です。
このシミュレーションを煮詰めると施術してほしくない場所も、担当医の方に把握してもらえるので、私の中では今回の施術はイメージ通りのクオリティだと感じています。
注意点は私が説明を受けていたダウンタイムは2週間ですが、痛みが取れてから2週間前後は腫れや内出血が目立つので人前で下着や水着の着用はやめたほうがいいです。
よってダウンタイムの想定は個人差もあるようなので、1か月前後を想定しておく事をお勧めします。
最も治りにくかったのは内出血で、施術痕を中心に丸い鈍器で殴られたような痕が出る為、落ち着くまでは非常に目立つと思ってください。

豊胸で失敗!再施術はコンデンスリッチ豊胸手術東京にはコンデンスリッチ豊胸ができるクリニックが多い手術からダウンタイムまで1ヶ月東京での豊胸手術について