クオリティの高い東京の豊胸手術

豊胸で失敗!再施術はコンデンスリッチ豊胸手術

豊胸手術|東京クリニック 東京・豊胸

自分の体に自信がなくて豊胸手術を検討し今では綺麗なボディラインになりましたが、完成されるまでの道のりは遠回りになってしまったという自覚があります。
私が受けた手術はバッグ挿入という方法なのですが、これは生理食塩水を入れた水風船のような物を胸に挿入し豊胸を行うという物です。
しかし体へのマッチングが上手くいかなかった影響からか、わずか半年でバッグの摘出手術を受ける事になってしまいました。
その後しばらくして今度は東京での豊胸手術を受けたのですが、こちらは大成功で現在手術から1年近くの時間が経過しているにも関わらず、いまだに綺麗なボディラインのままです。
受診した施術はコンデンスリッチ法と呼ばれる豊胸手術で、担当医の方の話だと今では東京を含め一般的に普及している方法と聞いています。
自身の体に存在するいらない脂肪を吸引して、それを胸部に注入する方法で拒絶反応発生の確率が極めて低い特徴があります。
注入された直後は多少の違和感があり、手術の痛みも注入口を中心に微細な痛覚が断続的に発生しますが、1週間程度で安定してきます。
感覚としては脂肪に対して皮膚というブラジャーを着用して、1週間の時間を掛けてフィッティングをやっている感じです。

豊胸で失敗!再施術はコンデンスリッチ豊胸手術東京にはコンデンスリッチ豊胸ができるクリニックが多い手術からダウンタイムまで1ヶ月東京での豊胸手術について